2006年4月01日(土)
東京湾
yasuoさんと2人で、気ままなボートシーバス
yasuoさんと2人で以前からずっと行こうと思っていたシーバス釣りに出かけた。今回お世話になったのは、タチウオ釣りでいつもお世話になっている中山丸さんである。
多分みよしの方がシーバスは有利だと思うが、yasuoさんの要望により快適なトモで釣りをすることにした。
朝一で羽田沖のパースを攻める。弱いあたりがあるのだが、なかなか乗せられないので、少し焦る。やっと1匹かける事が出来たが、船縁でナチュラルリリース、yasuoさんもやはり船縁にでバラシを連発している。最初のポイントは、そんな感じでyasuoさん共、ノーキャッチで始まった。
次のポイントに移動してから楽しい爆釣モードが始まる。17mの浅場なので、シーフラワーの25gをキャスティングタックルに付けてショートトゥィッチすると、元気なシーバスが遊んでくれた。その他はボトムからのバーチカルジギングで60gのブランカで楽しむ。フッコサイズなのだが潮が効いているので、ヒットするとなかなか上がってこない。
その後、風の塔→海ほたる→アクアラインと移動して12時の潮止まりまで楽しんだ。
沖上がり前のポイントで潮が再び流れ出し、ポツポツと釣れるがこの時点で、今回のヒットルアーがロストしてるので時合いに乗せられない。それなりにバイトはあるのだが、手持ちのルアーラインナップでは厳しい。まぁそれ以前に沢山釣れたのでもう今日は十分である。今まで調子が悪かったようであるが良い日に乗れてラッキーな一日だった。
yasuoさんとまた来シーズンになったら来る事を約束して、帰路についた。

朝の川崎航路

羽田沖

60up

yasuoさん

何となくこんな写真も撮ってみる....

沖から見る海ほたる
2006年4月28日(金)
新潟柏崎
Mさん、yasuoさんと3人で、サワラ釣り
このところ不運な日々が続き釣行記がなかなかUP出来なかった。急遽柏崎に出撃出来る運びとなり、Mさんとyasuoさんを巻き込んでの釣行となった。
予報であれば風も無くベタ凪であったのだが、生憎朝から風が強く出船さえ危ぶまれる。なんとか出船出来るが風が強く大変である。遠くに行けないので近場でサワラ釣りを楽しんだ。yasuoさんと俺はベイトでMさんはスピニングタックルで望んだ。フォールでのアタリが多いのでベイトでの釣りが断然有利である。しばらく爆釣が続いた。大物では無いがベイジギングのタックルで釣りには最高のターゲットである。
Mさんは始めてと言う事であったが、なかなかの腕前で今後が楽しみな存在である。最初の内はジグに魚が乗らずに苦戦していたが、コツを覚えたらバンバン釣り上げて楽しんで頂いた。
色々と回って見たがワラサの反応も無く、また今回も(毎回?)本命としている赤いあいつが釣れなかった。取りあえず釣れたので贅沢は言ってられない(笑)
今日も楽しく気ままな釣りであった。
また2週間後くらいにワラサ釣りでお邪魔したい。

まだ雪の残る山々

Mさん、グッドサイズのサワラをキャッチ

yasuoさん

結構釣れた

お約束でこんな写真.....

激戦をかいくぐったスピードジグ(上が新品)
2006年5月17日)水)
新潟柏崎
TEAM JAIMのお二人とワラサ釣り
今まで釣れなくて不調だったワラサ、今回はJAIMの2人と2年ぶりの釣行である。
去年の内からずっと約束していた行事である。今回は予報通りのベタ凪で、とても楽しい一日が過ごせた。
朝一は今一活性が悪かったが、四回目の流しで同船していた方にヒット、その直後ヒットに繋げられる事が出来た。思い通りに描いた通りのでの釣果だったのでとても嬉しかった。
もちろん一号さん、タミートさんとも快調に釣り上げていく、そして後半戦になり一号さんが猛然と釣果を引き離しにかかる。メソッドを編み出し流れを自分に持ってきている。流石はこのところ絶好釣!!(笑)恐るべしである.....
結局、4匹しかヒットさせる事が出来なかったが、一号さんは10匹と断トツの竿頭で、タミートさんも5匹と三人とも好釣果であった。

先日外房で8kのヒラマサをゲットして絶好調の一号さんと

タミートさん、着々とワラサをゲット

一号さん、マコガレイとワラサ

ワラサ3kg

お約束でこんな写真を撮ってみる

ヒットルアー:ブルジグラ60g
*二年ぶりにJAIMの二人と同行してとても楽しい時間が過ごせた。今回は色々と学ぶものがあり今後の課題になった。
2006年5月27日(土)
新潟柏崎
yasuoさんMさんと3人で気ままにジギング

依然として好調の柏崎のジギング、今回はなんとしてもMさんにワラサを釣って頂きたく、釣行に望んだ。Mさんは4月に上越でデビューして以来、本来のジギングを楽しんで頂けなかったのであるが、ルアーの引き方も段々となじんで来て、今回は何とか自分で道具一式を揃えてタックルへの入魂も兼ねる。
東風が強く船が流されて釣りづらい状況ではあったが、さっそくMさんにワラサのチェイスがあり、その後ヒットに持ち込む。しかしながら痛恨のラインブレイク、その後体制を立て直し一投目でヒットに結びつけ、無事にキャッチした。
念願の初ワラサである!!
yasuoさんも着々とワラサをキャッチしていたが、ラインブレイクをしてしまう。
しかしながら、yasuoさんにとってもジギングデビュー以来の初ワラサである。
3ozロッドで引きを味わっている。結果的には俺が四匹、yasuoさんが三匹、Mさんが二匹と全員無事に坊主を逃れる事が出来た。


デッキの上で一枚

Mさん
無事にワラサをキャッチ

そして俺、ワラサ3kクラス
ヒットルアー、P-BOY85g、メジューム135g

今回はとてもワラサの反応がよく楽しい釣りが出来た。しかしながら大物には至らず残念であった。またばらしの回数が多く、やはりリアフックは必要だと感じさせられた1日であった。
inserted by FC2 system